RV にソーラー パネルを取り付けるための完全なガイド

Guide on Mounting Solar Panels on RV

レクリエーショナル ビークル (RV) ソーラー システム ハイキングや旅行に多くの時間を費やす場合は、スマートなオプションになる可能性があります。 RV にソーラー パネルを設置すると、電気代を節約できるだけでなく、環境を保護することもできます。 さらに、離れた場所にいる場合は、電子機器の充電や冷蔵庫内の食品を新鮮に保つことについて考える必要はありません。

さらに、ソーラーにより、電力不足を心配することなく、必要に応じてグリッドから離れて移動できます。 RVにソーラーパネルを取り付ける方法を知りたいのはなぜですか? ソーラーパネルを設置することで、停電を心配することなく一定期間オフグリッドにとどまることができます。 キャンプ場の料金と発電機の燃料を節約するのに役立ちます。 陸上電力に縛られていない場合は、いくつかの素晴らしいオフグリッド オプションを利用できます。

 RV solar panel

RV ソーラー設置の要件は何ですか?

  • ソーラーパネルには、さまざまなサイズと形状があります。
  • モニターとバッテリー: 特に夜間にパネルが生成するエネルギーを蓄えるためにセルが必要です。 モニターを使用すると、バッテリーの寿命を追跡できます。
  • ソーラー充電コントローラーは、バッテリーの過充電を防ぎます。
  • インバーター: AC 電源が必要なため、DC エネルギーを AC 電気に変換します。
  • ケーブル - パネルをバッテリーに接続するために使用されます。

 

屋根に損傷がないか調べる

 

最初のステップは、屋根の損傷した場所を探すことです。 問題が見つかった場合は、パネルを配置する前に対処することをお勧めします。 RVにソーラーパネルを取り付けた後、損傷を修復するにはいくらかの費用がかかります.また、パネルのやり直しにも手間がかかります。

注: RV ソーラー パネルは建物の屋根よりも少し複雑なので、ほとんどの作業を地上で完了するようにしてください。

 

RV のソーラー パネルの位置を確認します。

 

次は、リグの屋根のどこにソーラーパネルを設置するかを決めます。 巨大なオープン スペースがあるため、すべてのソーラー パネルを RV の前面に配置することを決定する人もいます。 パネルがすべて 1 か所にあるため、木や日陰が問題になる可能性がある地域では、RV を日光に向けることは簡単です。

 

必要なパネルの数を特定します。

 

アプライアンスの電力要件と、それらを 1 日に使用できる時間数を決定します。

 

RV に既にあるものを評価します。

 

購入した少数の RV には、すでにソーラー パネルが設置されているか、ソーラー対応になっています。 RV には、効率と安全性のために、ソーラー パネルからバッテリーに全量の電力を供給できる太いケーブルが装備されていることを確認してください。

 

全部同時に購入。

 

RV ソーラー システムのコンポーネントは相互運用可能でなければなりません。 RV用のソーラーパネルセットは、個別に購入するよりも高価です。ただし、それらのコンポーネントはすでに互換性があります。

RV ルーフにソーラー パネルを取り付けるには、高額な費用がかかります。 ただし、これらの価格は、燃料、ガソリン、電気、およびキャンプ料金を節約できる可能性があります. また、ソーラー パネルは二酸化炭素排出量の削減にも役立ちます。 完全に排気ガスを排出したくない場合は、電気エンジンでカー キャンプの旅に出かけましょう。

 

ソーラーパネルを準備します。

 

設置する前に、ポータブル ソーラー パネルとマウントを検査します。 それぞれを直射日光の当たる場所に置き、ワイヤーの両端の電圧をマルチメーターで確認します。 マウントを取り付ける前にこれを行うと、欠陥が見つかった場合に返品できます。

 

ラフ案を作成します。

 

RV の屋根に貼りたい方法で、空白の紙に計画を描きます。 たとえば、RV の屋根を表す大きな長方形を 1 つ描きます。 次に、長方形の中で、小さいもののリストを作成します。 ボックスの長さと幅を測定値で入力します。

 

取り付け金具を固定します。

 

ソーラー パネルを RV に接続する方法については、パネルにドリルで穴を開け、ブラケットを所定の位置にセットし、ボルトとナットで固定します。 ソーラーパネルを屋根に取り付ける前に、しっかりと固定されていることを確認して、運転中に落ちないようにしてください。

 

RV ルーフにパネルを取り付けます。

 

マウントを取り付けて屋根に取り付け、所定の位置に接着します。 ここで配線用の穴を天井に開けてから、ケーブル グランドで覆い、密閉します。 ケーブルグランドカラーを必ず取り外してください。

これらは個別にケーブルに取り付けられます。 エッジを研磨し、きれいな布で汚れを拭き取ってから、腐食を防ぐために穴を下塗りして塗装します。

乾燥した日にこれを実行し、24 時間待ってから車両を移動するか、次のステージに移動することをお勧めします。

 

充電コントローラーをコードに接続します。

 

RV 内に充電コントローラー用のモニター パネルを取り付けます。すべてのプラスとマイナスのケーブルの長さは 1 メートルです。 コネクタが取り付けられました。 通常、このケーブルは短いため、延長する必要がある場合があります。 より長いワイヤは、ソーラー コントローラに容易に接触します。

コードを短くするために、ヒューズと充電コントローラーがバッテリーの近くにあることを確認してください。 ワイヤのサイズは重要です。ケーブルが小さいほど、電力損失を回避できます。

ソーラーブレーカーを接続ケーブルに挿入します。 ブレーカーは通常、ソーラー充電コントローラーとパネルの間に設置されます。

 

シリーズを構築します。

 

RV にソーラー パネルを取り付けたら、それらを接続する必要があります。

最初と最後のソーラーパネルに緩みがあります。 これらの自由端はワイヤに接続してから、ケーブル エントリ プレートに接続する必要があります。 配線が多い場合は、MC4 コネクタを使用するとすっきりと 1 本のケーブルに仕上げることができます。

RV の屋根にソーラー パネルを取り付ける方法を学んだ後、改造は、バンの生活費を下げながら、より独立したライフスタイルを送るためにできる最大のことの 1 つであることに注意してください。 人々はブーンドックを利用して、キャンピングカーで可能な限りオフグリッドで生活しています。

人々は、フルタイムでバンに住むことで、あらゆるものから遠く離れ、自然の静けさと静けさを楽しむことができます。 ただし、冷蔵庫を使用したり、カメラやコンピューターを充電したり、LED ライトをオンにしたり、冬には家を暖めたりする必要があります。 そのため、このポータブル ソーラー パネル設置ガイドは、遠征やキャンプの際に役立ちます。